親子で楽しむガーデニング

現在私の両親と2世帯住宅で暮らしています。
ガーデニングが好きな母と一緒に1階にある前庭と屋上でガーデニングを楽しんでいます。
前庭では地植えで薔薇を数種類、テッセン、スモークツリー、コケモモ、百日紅などを育てています。
薔薇とテッセンを絡ませたアーチ作りが順調に進んでいます。グラウンドカバーには数種類のグリーンを植えています。
半日蔭の場所ではハラン、ギボウシなどの丈夫なグリーンのコーナーにしました。
鉢では椿、アジサイ、竹、ボタンなどの和花が多いです。
定期的に肥料を足しながら、光と風通しが遮られないように時折葉の整理をしながら植物が互いに交差して育つ姿を見ることはとても楽しいです。

土いじりをすると気持ちが癒されますし、綺麗な土で育てると植物も良く育ち嬉しそうです。
屋上ガーデニングは日当たりが強いため、ハーブ、オリーブなど乾燥に強い植物がメインです。
ライラック、オオデマリ、モッコウバラも育てています。
鉢や大きめのプランターで育てているので定期的な肥料やりは必須です。
毎年春に楽しむためにチューリップやムスカリ、水仙の球根を秋に植えます。
年によってチューリップの色を変えて楽しみます。
好きな色合いはイエロー、ピンク、パープルです。冬から春先まで長く花を楽しめるビオラも毎年色合いを考えることが楽しいです。
地植えや大きな鉢物は毎年の成長や花付きを楽しめますが、一年草で楽しめる花で変化をつけることもガーデニングの楽しみの一つです。
母と交代で水遣りをしながら、植物の成長を報告し合うことが日々の楽しい日課になっています。

美味しいお寿司を食べて

昨日は久しぶりに妹家族が住む場所へ車に乗って出かけました。
渋滞等の影響で着いた時間が夜7時を過ぎてしまったのと、その日妹はお遣いをしていなかった事もあって、私たちが食べる分だけの夕食は用意できないと言うので、それなら私がお寿司をご馳走するよと言って、妹の家から近くにある回転寿司屋さんで夕食を食べることになりました。

最初に定番のネタを注文した後に、次に注文したのは太刀魚です。テレビ番組で本物の刀の様な銀色に輝いて綺麗な姿をよく見ていましたが、どんな味なのかと初めて食べてみたら、結構美味しかったです。あと蒸し牡蠣のバジルマヨ炙りと海老明太マヨは創作寿司ですが、これも美味しかったです。

そして最後に贅沢なウニや鮪の大トロを注文して、結局私だけで計19皿を注文して完食しました。妹達はお皿の数に驚いていましたが、私の膨らんだお腹を見てビックリしていました。そんなこんなで一同満腹になったので妹の家に戻って、私達は妹家族とお別れの挨拶をして自宅へ帰りました。

フライパンの可能性フライパンの可能性

最近、雪が降って自転車にも乗れなくなってしまったので、どうにも買い物がおっくうになってしまいます。
近くにスーパーがあるので、基本的には毎日その日の子どもたちのおやつと夕食の材料、
翌朝の朝食のおかずを買うのですが、行きたくなくて休むこともしばしば。
夕食と朝食のおかずは冷蔵庫にあるもので何とかなる(何とかする)こともできるのですが、
問題はその日の子どもたちのおやつです。

昔はお菓子作りが趣味で習っていたほどなのですが、おやつはすべて手作りとといえばそういうわけでもなく。
ごくごく普通にスナック菓子やガムなどを与えています。しかし、買い物に行かなかった日。
のっぴきならないそういう時にこそ、私のお菓子作り能力は発揮されるのです。
薄力粉よーし!砂糖よーし!マーガリンよーし!!
ポリ袋に全部の材料を入れ、ほろほろになるまでなじませるだけ。
丸めてつぶしてフライパンに並べれば、あとは10分足らずでクッキーの焼き上がり。
昔、子どもが小さくて自分が若かった頃はちゃんとオーブンで焼いていたんですけどねえ。
オーブンで焼いたのと遜色ない出来栄えに、すっかり楽することを覚えちゃいました。
どこか懐かしい味のフライパンクッキー、しばらくうちでのブームは続きそうです。

ガーデニングはポイントでいいです

都会に住んでいて、街中なので、土地がありません。小さな小さな土地に家を建てています。
駐車スペースもオープン外構です。屋根も付けることはできません。建築基準法の建築違反になるからです。
そこで、コンクリート打ちっぱなしの庭に、アクセントとして、土の部分を作りました。
水道の部分に1直線に草を植えられるラインを入れてもらったのです。
そこにアイビーやセロリが大きく育っています。ほんの小さなスペースですがとてもいいです。

更に、これからの季節には、ビオレ、パンジー、デイジーなどの小さな鉢植えを買ってきて、きれいなうちはそのままに近い形で、ポストの前に飾ります。
「すこし、萎れてきたな」と思いうと、今度はそのコンクリートにいれたラインの土の部分に植え替えます。
すると、そのラインはお花で埋め尽くされるのです。たいへんきれいです。
道行く人が見ています。ポイントでいいのではないかと思います。大きくしないでも小さくても潤うということです。

また、それとは別に、車の下に土の部分を作りそこにもアイビーを植えました。
ところが、アイビーは横に増えるのではなく、縦に育って広がりません。そこを何とかしたいと考えて3年になります。

ポイントガーデニングがいいです

家の裏に畑があります。うちは4軒並んだ新築住宅です。
家の周りは砂利で埋められています。幅はありません。50センチ程度です。
この砂利の部分に草が生えるので、日陰で弱弱しい草を抜くのを日課にしています。
ところが、隣の畑が、梅雨の時期になると、放置され、草がうちのフェンスに絡みだします。
それが嫌で、侵入したつるをはさみで断ち切っています。フェンスのからみをとっています。
すごい勢いで何十本も絡んでいます。
しかし、栄養をきると、伸びは止まります。梅雨の時期の一大作業です。
あまりにも大変な作業なので、除草剤の散布をお願いしましたが、
他の植物に影響があるからと断られました。
それなら、防草シートを費用折半でお願いしようと現在考えています。
費用折半は、避けたいですが、背に腹は代えられません。
ガーデニングは、ポイントガーデニングがいいと考えています。ぜんたいをするには素人には難しすぎます。
その点ポイントであれば、周りをすっきりさせて、その部分だけに集中することもできるのです。その方が楽だし、目立ちます。

家の立地にもよると思いますが、人通りの多い場所であれば、きれいに見えるのを考えないといけません。
すっきりするのが好きで、さつきもきれいに丸い形にしていますが、散髪する時期を間違えたことがありました。
冬にしてしまったのです。すると、花が咲きません。つぼみを切ってしまったのです。
失敗し、次からは時期に気を付けるようにしています。

サツキのガーデニング

以前、建売の住宅を購入した時、敷地のはじの部分に、1メートル四方もないサツキの植木が生えていました。
そこを、毎年、普通のハサミで丸くカットします。
それが面白くて面白くて、「植木用のはさみがないとできない」という既成の概念を取り払うと、
使っているはさみでもきれいにカットできるのです。

100円ショップには何でもうっているので、はさみがだめになってもすぐに買うことができるので、何でも使います。
さらに、アイビーを100円ショップで買ってきて植えました。育つと挿し木をし、植えていきました。
途中、子供が学校から持ってきた、チューリップを植えました。
このチューリプが頑張っていて、枯れては咲き、枯れてはさきともう6年もさきつづけています。
元気をもらっています。子供が学校で育てた様子が浮かびます。思い出の詰まったお花です。

ところが、駐車場にデザインされた十文字の溝に植えられた、玉竜は、あまり育つことはありません。
特に、家の近くの部分は水分不足なのか枯れてしまいます。何か別のもので対策を立てないといけません。

また、気を付けなければならないのが、アイビーです、葉の裏にまだにがびっしりといて恐ろしくなりました。